自分の肌状態にあった化粧水選びをしてみませんか

皆さんはどのような視点から化粧水を選んでいるでしょうか。
コスメの中でも化粧水は注目されている存在ですが、ここではその選び方という点に着目をしていきたいと思います。
自分自身にあった化粧水選びを行いましょう。

保湿成分について

乾燥肌であっても、ニキビ肌であっても保湿成分というものは大切で必須なものとなってきています。

保湿成分の代表的なものは以下のようなものになります。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • プラセンタ

などですが、人の皮膚に含まれている保湿成分のセラミドは多くの方に比較的、安心して使用をしていただけるかとも思います。

刺激性について

また、刺激についても考えておきたいところです。
特に、敏感肌の方はここをポイントに選んでみましょう。
無添加・無香料や保存料やアルコールフリータイプのものがおすすめです。

浸透性について

浸透率が高いものを選ぶのもポイントです。
とはいえ、この浸透性については認知度としては低いものともいえるでしょう。

人の肌質というものはそもそも油性なのです。
ですから、肌に浸透させやすい「細かなもの」をチョイスしていただきたいと思います。
具体的に言えば「ナノ化」されている化粧水です。
こうしたものは、肌に浸透をさせやすく保湿効果も期待できるといえるでしょう。

状態と化粧水

肌状態を見て化粧水選びをしていただくのもおすすめです。

ニキビ肌

ターンオーバーが乱れている可能性があります。
これを正常化させてくれるものをチョイスするとよいでしょう。

くすみ

肌の代謝率が低下している・確執が蓄積されている可能性があります。
肌に負担がかかりにくい成分で作られているふき取り化粧水やピーリング化粧水などをとりいれていただくのもよいでしょう。

年齢肌

保湿ばかりではなく、油分を与えるアプローチの化粧水がおすすめです。

自分にあった化粧水を選ぼう

今回はコスメの中でも化粧水について見ていきました。
自分の肌質を知ること・化粧水選びのポイントを抑えておくとさらに良い肌状態を目指していただけるでしょう。