乾燥肌と保湿の主な成分について考えてみよう

肌の乾燥が気になる。
そのような方もいらっしゃるのではないでしょうか。
乾燥肌と言っても様々なタイプがありますが、その1つに「インナードライ」というものがあります。
今回は、そんなインナードライとその対策コスメについて考えていくことにしましょう。

インナードライとは

インナードライとは実は医学的には「ない言葉」なのです。
人は内側から潤いをつくるという機能を持っています。
乾燥状態を起こしている場合には表面ばかりではなく必ず内側が理由であるとされています。
ですから、一般的な乾燥肌がインナードライということになるのです。

内側の乾燥対策について考える

乾燥が気になる。
そのような場合の対策として最も大切になるのが「保湿」です。
このことは皆さんもご存知のことでしょう。

こうした保湿対策をしていただく際、コスメの成分などにも注目をして選んで取り入れていただくのが良いでしょう。

保湿ケアについて考える

保湿ケアとしてよく言われているのが「セラミド」や「プラセンタ」の存在です。
これらはアンチエイジングとしても取り入れられている成分でもあります。

特にセラミドは肌に元もある成分だから安心だともいわれていますが、天然型と人口型というものが存在しています。
そしてこのセラミドは必ずしも全員の方に合うというわけではないのです。

またプラセンタも植物性と動物性があります。
アレルギー反応が出にくいものは前者であると言われていますが、この点におきましても必ずしも全員に合う・効果があるというわけではありません。

スキンケアを考える

今回は、乾燥とその代表的な保湿成分について考えていきました。
ストレスや生活習慣さらには環境などによっても感想は引き起こしてしまうものですから、自分のあったコスメを選んで健やかな肌を保ちましょう。