唇のトラブルのためのリップクリーム選びのポイント

唇の皮がむけてしまう。
保湿をしているはずなのに気が付くと乾燥している。
そのような唇の悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、ここでは唇のケアというものについていくつかのポイントをチェックしていくことにしましよう。

リップクリームの成分について

乾燥対策というとやはり「リップクリーム」の使用ではないでしょうか。
あらゆるリップクリームがリリースされていますが、乾燥にしっかり対策をという場合にはその成分にも着目をしていただきたいのです。
保湿成分が高いとされている成分を、以下でいくつかご紹介したいと思います。

ワセリン

保湿成分のみで肌を保護する役目が高い成分です。医療現場でも使われているほどアレルギー反応が出にくく、あらゆる肌質の方に取り入れていただけます。

ミツロウ

ハチの巣に含まれているものを化粧品ように加工したものです。
唇の保護の成分も高いのですが、香りを感じることもあるでしょう。

スクワラン

皮膚のバリア機能そのものを高めてくれる働きがあります。
動物性スクワランの場合には、肌に合わないこともあるかもしれません。

他には、皮膚成分にもあるとされているホホバオイルなども近年では人気となっております。

唇の状態にあったものを選ぶ

まずひび割れや出血などが伴っているという場合には「医薬品」タイプのものを選んでいただくとよいでしょう。
炎症がおこっているという可能性もありますのでそれらのトラブルを解決していただきやすいものともいえるでしょう。

よく見る「医薬部外品」は、予防的な効果が期待できます。
「薬用」もまた同じと考えて良いでしょう。

唇ケアを考える

今回は、リップケアについて考えていきました。
それにあわせたリップクリーム選ぶのポイントを知っておくと、トラブルにも対処していただきやすいことでしょう。