コスメ価格差の理由を知って自分にあったものを選ぼう

例えば、化粧水をとってみてもドラッグストアコスメなどは1000円以下で購入できるものもあります。
一方、デパートコスメなどは1本あたり10000円以上するなどと言う非常に高価なものもあります。
高いとよいと考えてしまう傾向がありますが、果たしてその考えには間違いはないのでしょうか。
今回は、そんなコスメの価格差という部分について掘り下げていきたいと思います。

コスメの価格差と原価について考える

まず気になるところは「原価」ではないでしょうか。
コスメの価格差は原価が関係しているのでしょうか。

もちろん、それがすべてだというわけではありませんが要素の1つとなっていることは確かでしょう。
例えば、有名コスメブランドメーカーであれば広告費がかかったりメディアでの露出などによって広告費が発生していることは確かにいえることです。

さらには、材料費・パッケージ・デザイン費用、コスメ開発における人件費なども代金に含まれているのです。
特に容器代金においては意外に価格差につながりやすいポイントでもあるのです。

容器について注目をして見よう

ブランドコスメとドラッグストアコスメを比較していただくとわかりやすいかと思いますが、前者のものは高級感がある・重厚感があると感じるものが多いのではないでしょうか。
それだけコストがかかっているという考え方ができます。
ですから、価格差というものが出てしまうのです。
また、容器に印刷されている商品名の文字の色などもコスト差につながってしまうのです。

開発費用について

次に多くの方も気になっているその「中身」について紐解いていくことにしましょう。

原料を開発し、多くの利用者にとって使いやすくそして十分な効果が発揮できる処方を考えていく。
この工程にはある程度の時間やお金というものが発生します。
まだ今市場に出ていないような成分の開発などを行っているメーカーもあるのです。

そうした事を考えるとやはりリリースされたときの価格というものが高くなるのです。
いわゆる「プチプラコスメ」としてリリースしたいとしても、先のような開発費用が掛かる以上、その負担額を回収する必要がメーカー側としてもありますのでプチプラとして販売することが難しくなってしまうわけです。

開発費用をかけたコスメは良い製品なのか

開発を行い、より高い効果を引き出す研究を重ねリリースされたコスメは高くても良い製品なのか。
そうした点もまたでてくるかもしれません。

確かに、その可能性は高いといえるでしょう。
ある程度の金額を出しても、希望している効果を得られるという事もあるかと思います。
とはいえ、この部分に関して言えば「全員に等しくその効果が得られる」というわけではないのです。

個々における希望や肌質というものもありますし、コスメとの相性というものもあります。
ですから、結果として「自分の肌に合わないコスメ」となってしまえば、高いものであっても「良くない」と判断されてしまうわけです。

ですから、選ぶ際には価格差ばかりではなく自分の肌にどのようになじんでくれるのか・効果はどの程度のものなのかなどを考えながら取り入れていただくのも良いでしょう。

大量生産できるものとそうでないもの

また、コスメの製品によっては「大量生産できるものとそうでないもの」が存在しています。
この差においても価格の違いが出てきてしまうのです。

たとえば、シャンプー類などは大量生産しやすい製品が多い傾向があります。
ですから、比較的に低価格で良いと感じる製品が多くリリースされているという背景にもつながってきているのです。

しかし、中には成分的なものや品質管理にこだわっているという場合におきましては、大量生産が難しいというケースもあるのです。
それだけ希少性が高いと言っても過言ではないでしょう。
そうなると、どうしても商品価格そのものが高くなってしまうわけです。

自分にあった化粧品を選ぶことの重要性

価格差を見た時、さまざまな要因からコスメの価格が決められているという事がお分かりいただけたかと思います。
安いから良くないコスメだ・高いから効果があるコスメだというわけではないのです。
ですから、自分の肌に合ったコスメを探しているという方は特に、価格だけで判断をせずに成分を見たり口コミをみたり、またはコスメカウンターがあればそこで相談をするなどと言うのも良いでしょう。
ドラッグストアであれば、必ず薬剤師などがいるかと思いますので、そうした方々に相談をして見るというのも良いかと思います。

価格で選ぶという事について

確かに、高いコスメにはそれだけの理由もあるものです。
実際に購入使用をして見ると「効果が高かった」と感じる製品と出会った方もおいでのことでしょう。
とはいえ、それを「続けていく」という事が大切になってきます。

特に、基礎化粧品におきましては継続的な使用が原則となります。
肌のターンオーバーに合わせてその効果を実感できるという基礎化粧品が大半となっておりますので、長期使用をできるかどうかの価格帯も考えて選びたいところです。
自分自身の生活環境の中で、その製品を「使い続けられセル価格帯であるか」もまた大切な要素です。
ですから、まずはこうしたところから価格差も考えながら選んでいくというのも良いかと思います。

コスメ比較をして見よう

価格差と効果を考えた時、先にも触れたように自分の肌に合うか否かが大切な要素となってきます。
まず、それらを比較してみるというのも良いでしょう。

それぞれの製品を手に取り、成分表を見てみましょう。
同じ成分が含まれているものもあるかもしれません。
そして、同じ成分であっても、価格が高いコスメには「その成分量が多い」などということもあるのです。
自分自身が求めている効果が期待できる成分が配合されているか・その量はどの程度なのかについても見ていただきたいと思います。

また、今ではサンプルやお試しでのミニボトルなどもリリースされていることが多くあるでしょう。
まずはそうしたものを購入していただき試していただくのもおすすめです。
もし、敏感肌だ・初めての使用だから不安感があるという方はパッチテストを行っていただくのが良いでしょう。

このパッチテストですが、肘の内側がおすすめです。
肘の内側は皮膚が薄く、肌に合うかどうかを判断するのに良い部位であると言われています。
コスメを肘の内側に漬けていただき、そのまま半日から1日程度を放置しておくと良いでしょう。
もし、かゆみや赤みさらには刺激などがあれば「自分の肌に合わない」ということになります。
こうした状態になれば、肘を洗っていただいてケアをしておきましょう。

こうして価格差ばかりではなく「判断をしていくこと」もまた重要となってくるのです。

自分にあったコスメを探そう

今回は、コスメ選びとその価格差という点について見ていきました。
ついつい憧れを抱いてしまいやすい高価なコスメ。
しかし、その理由を知ることによって「自分自身に合ったものを選ぶことが大切である」という事がお分かりいただけたのではないでしょうか。
ぜひとも、これらを参考にしながら理想のコスメを取り入れていただけたらと思います。